キャッシュバックとの関係

クレジットカード現金化とキャッシュバックの関係

人気の魅力 0 Comments

現在クレジットカード現金化を行っている業者の多くはキャッシュバック方式という仕組みを導入しています。

ショッピング枠を使って早く現金化ができるメリットがあることから、利用する側にとっても非常に使い勝手がよく、しかも業者の側としても業務に手間がかからず利益を出しやすいメリットを持ち合わせているのが、普及している理由です。

すでに広く普及している方式なので、特に難しく考えずに利用している人も多いはずですが、正しく安全にクレジットカード現金化を行ううえでも、この方法の仕組みや注意点について基本的なところを知っておきましょう。

キャッシュバックの特徴って?

このキャッシュバックの最大の特徴は「価値のあるものを購入するわけではない」点です。

従来のクレジットカード現金化では換金する価値のあるものをクレジットカードのショッピング枠を利用して購入し、それを業者が買い取る形で現金化が行われていました。

しかしこのキャッシュバックの場合は、業者から指定された商品を購入するとすぐにその商品の特典の形でキャッシュバックが行われる形となっています。

ですから買取方式のようにわざわざ商品を購入し、それを店舗や郵送で業者に買い取ってもらう面倒な手続きを踏む必要もなく現金化できるわけです。

手間が省けるだけでなく圧倒的に早く現金化ができるため、一日でも早く現金での資金調達を希望する人にとっては非常にありがたい方法なのです。

この「特典としてキャッシュバックされる」というのが、この方式とクレジットカード現金化との関係における最大のカギです。

つまり購入する商品そのものにはほとんど金銭的な価値がないのです。

ですから極端な話、実売価格が100円程度しかない商品をショッピング枠で10万円で購入させたうえで8万円程度がキャッシュバックされるといたケースも見られます。

現金化できればそれでも問題がないと考える人も多いかもしれませんが、万一悪質な業者に引っ掛かってしまったときに全面的に損をしてしまう恐れがあります。

買取方式なら、万一インチキの業者に引っ掛かってしまった場合でも購入した商品そのものに価値があるので、自分で売却するなどしてある程度お金を回収することができますが、キャッシュバック方式ではそれができないのです。

ですからキャッシュバックでクレジットカード現金化を試みる場合には、換金率や現金化までのスピードよりもまずその業者が信用できるかどうがを確認しておく必要があります。

この点は初心者よりも一度か二度キャッシュバック方式を利用したことがある方が油断して引っかかってしまうことも多いので気を付けましょう。

コメントを残す