どれだけ損をするのかにも目を向けておきましょう

クレジットカード現金化の情報 0 Comments

クレジットカード現金化サービスを利用する際には「どれだけ損をするのか」にも目を向けておきましょう。とくに何度もサービスを利用する場合にはそのたびに損が積み重なっていくことになりますし、そのことを知らずに繰り返し利用していると知らず知らずのうちに大きな損をしていることになります。

 

ショッピング枠を現金化する場合、まず業者の取り分が発生します。換金率というはどれだけ業者が取り分を確保するかという面もあるわけです。90パーセントなら業者の取り分が10パーセントということになるわけで、ある意味利息を10パーセント支払う形となります。

 

しかも業者によっては換金率とは別に手数料を請求することもあります。クレジットカードの利用には手数料が発生するからです。この点は業者側が負担することもあれば、利用者が負担する場合もあります。悪質な業者は事前のそのことを明確にせずに不当に高額の手数料を請求してくることもあるので注意しましょう。

 

クレジットカードの現金化は通常急な資金調達が必要になった時に利用するものですから、少々損をしてでもとにかく現金が欲しいというケースが多くなります。しかし現金化サービスを何度も利用しているとそうした緊急性が失われ、気軽に利用する機会が増えてきます。その結果毎回10パーセントくらいの利息を知らず知らずのうちに支払わされていることになってしまいます。手軽さの背後にこうした注意点が潜んでいることは現金化を利用する機会が多い人ほどしっかりと踏まえておきたいところです。

コメントを残す