買い取り式のクレジットカード現金化

人気の魅力 0 Comments

クレジットカード現金化は詐欺だ、違反だ、という批判をよく見かけます。
こんなに便利で、大々的に広告もされているのになぜ?
そう思って、詐欺だと言われる理由を調べてみると、その一つに、「商品買い取り方式」と言う業務形態が含まれている事に気付きます。

商品買い取り方式のクレジットカード現金化。
今では、あまり見なくなった手法です。
やり方は簡単で、文字通り、クレジットカードのショッピング枠を使って購入した商品を、業者がすぐに買い戻すことで、その金額が現金として利用者の手元に振り込まれる、と言う仕組みです。

このビジネス形態、違法とまではいきませんが、カードの利用規約違反であることは確かです。

クレジットカードの利用規約は、会社によっても細かく異なりますが、原則として「転売目的での利用」が禁じられています。
つまり、カードで購入した商品をすぐに転売して現金を得てはいけない、と言う事です。

これには明確な理由があります。
本来、クレジットカード決済で購入した商品は、利用者の口座からカードの利用金額が引き落とされるまでは、所有権がカード会社にあります。
利用者は、商品をカード会社から借りて使用している事になるわけです。
所有権が自分にないものを、勝手に第3者に売り飛ばせば、それは勿論犯罪ですよね。
それを防ぐため、カード会社では決済前の転売行為を禁じているのです。

商品買い戻し方式のクレジットカード現金化は、まさにこの項目で利用規約違反となってしまいます。
もし、カード会社がこの事実を知れば、カードは利用停止となります。
それを利用者に説明せず、商品を買い取るので、買い戻し方式のクレジットカード現金化が詐欺だと言われるようになったのです。

こうした点が指摘されたため、現在では商品買い戻し方式の業者はほとんど見なくなりました。
カードの規約に違反せず、法律にも触れる事のないキャッシュバック方式が、今の現金化業界の主流です。

コメントを残す